スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BB】今週の高層サイトの主だった事

どうも、報告からすればS4復帰しました。

とはいえ最上位は立ち回りと敵の注意力が桁違いなので論点がずれてしまう可能性がありますがご了承ください。

私個人観点としては
Cを足掛かりに凸とプラ押しの2つしかないと思ってます
防衛ははっきり言ってセンサー割られさえしなければなんとでもなるかと

理由を幾つか上げていくと
①凸パルト及びベース侵入ルートの豊富さ
②B・C・Dプラリスポン位置がかなり前のめりの為防衛は後退するかベースか第1プラへリスポンするしかない
③Cは簡易的には3段構造なので上からの爆発物が非常に有利になる
④索敵位置はB-C-D間に無いと防衛間に合わない

こんな感じです
元々ちゃんとした防衛する人いれば援護したり偵察と削りするだけで十分
居なかったらチャットで呼びかける
そこをしっかりしていけばまず負けるリスクはかなり減るかと

次に立ち回りですが

基本的にCプラをどの様に安定させるか

が鍵だと思ってます
AEプラについてはそこを守るという概念はとりあえず置いておきましょう

重要なのは染める時間と敵の位置です
C染め始めても後方に敵がリスしてたり第2プラ攻めしててそっちの防衛居なかったら本末転倒です

1、2枚で防衛居たらとりあえずCか4プラに向かっておいた方がいいかと

染め時の兵装は実際どの兵装でも問題はないですが積む武器は相手をKBかダウンか又は吹き飛ばせるものが一番いいですね


Cに関しては下より上の方が範囲は狭く下は広い分横と上からの爆発物や敵に注意しなければなりません
ガチムチバリ重なら多少は耐えれますが
イオやネオはもちろんリムペやJMXなどの高火力が飛んでくるので長時間は厳しいものがあります

また、定期的に移動リフトが通過するので加速ホバマとか超減速からいきなり通常速度になるホバマは実にいやらしく感じますwww

ここでも重要なのが位置取りと索敵です
センサーよりアウル・ロビン・ストークなどが有効
人気のアウルはCからなば前方に打てばセンサーまで映す事が可能なので必要とあらば打っておくに越したことはありません




さてさて、ここまでCプラについて書いてましたが
全体的に立ち回り(偵察支+プラ攻め)について解説しておきます

まずチップですが補給2は必須、お好みで延長や大破防止等を

固さは実際標準くらいで問題ないかと思います
プラ攻めもするので固めでもいいですが自分にSPを使いすぎない様に心がけましょう

開幕は1、2プラどちらでも染め初めて問題ないですが、1の場合セン支が染めてたら2へ向かいましょう
2が染まったら時点で偵察機を上げます
少々早いかもしれませんがこれが一番ベストです
凸多めなら対処しに向かってもいいですし少ないと感じたら味方とC染めに行きましょう
2発目は滞空長いアウルとストークなら基本前に向けて打ちます

凸がいるようなら後ろでも構いません、判断基準は「Cに向かってるかそうでないか」です。その為にもリス地点の把握は絶対頭の中に入れておきましょう
このMAPで拮抗はほとんどありえませんので
前に打つなら前進、後ろに打つなら後退、戻って打ち直すなら防衛それくらいのスタンスでやりましょう

序盤の展開はこんな感じで
C占拠できた場合は上記のようでいいですが占拠できなかった場合は
MAP拡大してセンサーの配置と凸の確認リスポン画面での目視は行いましょう
その後はまずはCプラ占拠か4・5奇襲を念頭に各自選択するといいでしょう

その場合見つかる前に偵察機を上げるという事も大事ですが。味方がどこに居て何をしているかを確認してから動くといいですね
実際凸が多いなら防衛寄りに動いてもいいかもしれませんが、ベース侵入以前に撃破する事が大事です

入られてからでは遅いと思ってください
バリアディフェンスするわけじゃないので

プラ支援の戦況のパターンとしては
自軍がプラ押すか
敵軍がプラ押すか
のどちらかしかありません

こればっかりは枚数と立ち回りと運です
乱戦でもプラ取れたら運が良かったとおもいましょう

火力を前面に集中してプラ押しする訳ではないのですが、前方の敵と新たに前方にくる敵まで把握できる状況を作れるとまず負けません
なので前線で戦う偵察支は基本前線で偵察機を上げて味方と叩くもしくはリムペポイポイで爆発四散させるかです


時間的中盤~終盤にかけては後方からの偵察機上げは更に重要視されます
要請兵器でも充分対応可能ですが中盤以降押される場合では後方から上げれる様にしましょう

ちなみにですがCを取れてて負けている状況の場合怖いのは差が開く事です
凸が相変わらず来るようであれば撃破後でも打って差し支えはないです

この場合的確なのは敵リスポン地点からのセンサーが捉えられないルートや場所です

問題が無ければ前へあれば対処しましょう


以上これくらいが大体の目安だと思います
ツッコミ等は大歓迎です

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とーるG3

Author:とーるG3
鹿児島在住のとーるGです。どうもお見知りおきを・・・
趣味:フットサル・バイク・写真・アニメ等

またmixi、Twitterもやっています。
Twitterアカウント こちらから@Arvine1986

質問等ありましたらコメントかTwitterにてお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。